街コンと婚活パーティーって何が違うの?
男女の出会いを提供している場所なら同じじゃない?

こんな疑問を持っている人は多いのではないでしょうか
街コンは言葉は違いますが、結局中身は婚活パーティーと同じなんじゃないの?と思われる方も多いと思います。
今回はそんな方の為に、街コンと婚活パーティーの違いを簡単に分かりやすく説明していきます。

 

街コンと婚活パーティーの大きな違い

街コンと婚活パーティーの大きな違い

街コンと婚活パーティーは直接相手と出会える部分では同じです。
お互い話をしてみて話の合う人を探す事も出来ますし、パッと見で好みの方と出会える可能性は街コンにも婚活パーティーにもあります。
街コンと婚活パーティーで大きく違う部分はどういった事なのかと言うと

結婚に対しての意識の高さです。

街コンは良い人がいたら恋愛に発展したら良いなと思って参加する方が多く、婚活パーティーは次にお付き合いする人は結婚を意識したお付き合いがしたいと思っている方の参加が多いです。
街コンにも勿論結婚を意識した出会いを求めている人の参加はありますが、婚活パーティーよりも割合は低いです。
街コンと婚活パーティーは参加条件も違って来るので、結婚に対しての意識も違ってきます。

簡単に説明すると気軽に参加出来るのが街コン
真剣に結婚相手探しが出来るのが婚活パーティーです。

参加条件とイベント内容の違いを以下説明していきます

 

街コンと婚活パーティーの参加条件の違い

街コンと婚活パーティーの参加条件の違いを説明します。

どちらも参加イベントに年齢が設定されている点では同じです。
婚活パーティーでは男性の参加条件で学歴や年収、職業などの参加条件がありますが、街コンでは年齢だけが殆どです。
中には職業に条件が付いているイベントもありますが、基本的には年齢が条件です。

婚活パーティーは女性がどんな男性と出会いたいのか?と言う部分が大きく、女性は年齢だけの条件となります。
女性は結婚相手に安定を求めているので、年収も大切となりますが、街コンではそこまで細かく参加条件を設定していないので、気軽に参加出来る部分と、まず出会いを作りたいと思って参加が多いです。

 

出会いの形

街コンと婚活パーティーのイベント内容も説明していきます。

街コン飲み歩きしながら出会いを楽しめるのが街コンのスタンダードなイベントです。
1店舗での開催も増えていますが、開催場所付近の飲み屋など移動しながら料理も楽しみつつ、出会いも楽しめるのが街コンです。
お互い飲みながら話が出来るので、お酒の力を借りて普段あまり異性と話す機会の無い人でも参加しやすく楽しめるのが街コンの特徴とも言えます。

婚活パーティーは参加者全員と話せるようになっている事が多く、プロフィールカードを交換して1人辺り5分~10分で回転すしの様にぐるぐる相手を変えて話すイベントや、個室で2人きりで5分~10分話をして相手を変えて行くイベントなどがあります。
話せる時間が少ないので、年収や趣味、特技、結婚観などをプロフィールカードに書いて相手に自分はこんな人です。と伝えて気になる事を質問して聞く感じで終わります。
フリータイムを設けている場合は、全員と話し終えた後、もっと話してみたい方や気になった方と話すのが婚活パーティーです。
街コンとは違い、ワイワイやりながらでは無く、お互い真剣にこれからの事を考えれる人を探す場所となっているので結婚意識の高い人が参加しています。

 

諦めないで参加する事が大切

街コンも婚活も参加している人がどんな人なのかは分かりません
婚活パーティーの場合は、女性なら自分の求めている条件に当てはまる人のみが参加していますが、街コンの場合は年齢だけとなるので、恋愛対象になる年齢の方が参加しているとなりますが、どんな人が参加しているかは会場に着いてみないと分かりません。

街コンも婚活パーティーも直接相手と出会える場となりますが、理想的な人と出会えるまでは運も必要ですし、出会えるまで諦めずに参加する事が両方とも大切となります。
100回以上参加して結婚相手を見つける事が出来たと言う芸能人もいますし、諦めなければ必ず出会いは作れます。
1度の参加で見つけられれば1番ですが、かなり運が良い人じゃないと運命の出会いが1回目で訪れる事は少ないと思います。

 

街コンと婚活パーティーどっちが良いと言う正解はありませんが、婚活パーティーは正直年収など包み隠さず話さなければいけない点もあり、気軽に参加出来るとは言い難いです。