街コンは1人参加出来るイベントも増えていますが、基本は2人参加となっています。
1人参加でも1人で来ている人同士でペアになって2人組にするなど、基本的に2対2になって会話をするのが街コンの基本です。

友達や会社の同僚などを誘って2人で参加している人も多く、2人の方が街コンでは動きやすいと言えます。
今回は街コンに友達や会社の先輩後輩と一緒に行こうかなと思っている人にオススメ出来る街コンサイトを紹介して行きます。

 

2人で街コンに行くメリット

2人で行くメリット

最初に2人で街コンに参加するメリットから説明していきます。

2人で街コンに参加は1人ボッチにならない。

これが1番のメリットです。
私は1人参加も友達を誘って2人で参加もありますが、1人で街コン参加はスタッフの方が丁寧に対応してくれるので、1人ボッチになりにくくなってはいますが、必ず1人になる時間はあります。
1人参加もメリットは沢山ありますが、街コンに行って来たと言う事を言わなければ誰にも知られない、話の共有が出来ないなど寂しい面もあります。

 

参加するイベントの選択肢も広がる

2人で街コンに行こうと思った場合は、参加するイベントの選択肢が広がります。
1人で行く場合は、1人参加OKか限定の2択です。
2人で参加なら1人参加限定以外の街コン全てが参加対象となります。

勿論年齢制限など参加条件は見て選ばないと行けないですが、1人だと行きにくいイベントも参加可能です。

1人だと行きにくいイベントの例を挙げると恋活パーティーです。
恋活パーティーは立食系式でフリースタイルで動けるメリットがありますが、1人で参加すると必ず1人ボッチになる時間が出て来ます。
2人で参加すれば1人になる事も無いので、着席型の街コンじゃなくても安心して参加出来ると言えます。

立食形式の恋活は話しかける必要があるので、1人では積極的に話しかけられる人じゃないとほぼ楽しめません。
どうしたら良いのかなと、とりあえず1人の女性に勇気を出して声をかけるのですが、声をかけるだけで汗だくです。
2人だったらこういった恋活パーティーも参加する選択肢の1つとなります。

 

2人で街コンに行く場合のイベント選び

2人で街コンに行こうと思った場合に出来るイベント選びは以下です。

  • 街コン(複数店舗型)
  • プチ街コン(1店舗型)
  • 恋活パーティー

この3つから参加するイベントを選ぶ事が出来ます。
言ってしまうとほぼ全てのイベントに2人なら参加出来ると言う事です。

 

友達と行くならオススメな街コン

2人で街コンに参加は全てのイベントの中から行きたいイベントを探せば良いとなりますが、どれに行こうか悩んでしまうと思います。
私が友達と一緒に行った街コンで楽しかったと言える街コンサイトを紹介します。

2人で街コンに参加する場合はオススメなのは2つです。

  • えくる
  • 街コンMAP

私が参加した街コンで2人で行くならオススメと言えるのがこの2つです。

この2つは街コンとプチ街コンと大きな特徴で違うので、色んなお店を知りたいと言う人はえくるを、移動するのは疲れるし一店舗で合コンみたいな形で楽しみたいと言う人は街コンMAPを選ぶと良いです。
1つずつ特徴も説明していきます。

 

えくるはオシャレなお店も知れる街コン

えくるはオシャレなお店も知れる街コン

 

えくるはmixiグループ主催の安定した実績のある街コンサイトです。
席替えの多さも特徴的で、イベント時間が約3時間と他の街コンと比べると長めでコストパフォーマンスで考えた場合もお得と言えます。
えくるの特徴は以下3点です。

  • 30分に1回の席替え
  • オシャレなお店で開催
  • 料理の品数も多く女性にも人気

えくるの特徴はこの3つです。

30分に1回の席替えで沢山の女性と出会える

30分に1回の席替えなので、沢山の女性と出会って話す事が出来ます。
沢山の人と話せる席替えの多さは街コンでは必須で、自分の理想の相手を探すのも話してみないと分からない事も多く、沢山の人と話せるえくるは自分好みの人に出会える可能性も高くなります。

開催店舗はオシャレなお店

オシャレなお店で開催なので、普段行かないようなお店を知る事も出来ます。
デートで使えそうなお店など今後の役にも立ちますし、居酒屋など普段行くような場所で開催される街コンよりも女性が集まりやすいと言えます。

料理もこだわって女性にも好評

料理の品数が多く女性にも人気なのがえくるです。
女性参加者が多い少ないは街コンで1番重要になる所です。
女性が少なければ席替えが多くても意味が無い、女性が少なければ出会える人数も少ない、女性が少ないと街コンが成り立たない。
男性参加者は基本多いです。
中には女性の方が多いイベントもありますが、全体的に男性参加者の方が多く、女性が集まれば男女比も均一になります。
えくるでは女性が参加したくなるようなお店選び、料理デザートの内容などこだわっているので、女性に人気で女性参加者が多いです。

女性参加者が多い=男性参加満足度も高くなります。

席替えが多いので、1人だと疲れてしまう可能性もありますが、友人や同僚などを誘って参加するのにえくるはオススメと言えます。
公式サイトのリンクを貼っておくのでイベントなどチェックしてみてください。

 3人に1人がカップル成立!ミクシィグループ主催の街コン

街コンMAPは1店舗開催なので合コンに近い

街コンMAPは1店舗開催なので合コンに近い

もう1つのオススメの街コンMAPの説明をしていきます。
街コンMAPの特徴から紹介して行きます。
街コンMAPの特徴は以下3です。

  • くじ引きによる席替え
  • 1店舗開催で店移動無し
  • 飲み放題で追加料金無し

街コンMAPの特徴は上記3つです。
特徴を1つずつ説明してきます。

 

席替え方法はくじ引きなのでドキドキ

席替えは普通の街コンの場合は横に移動かスタッフに指定された場所に移動が基本です。
会話している時に隣の席が見えていて、やり取りも聞こえてしまっている場合や、ちょっと隣はタイプじゃないと思った場合でも席替えの案内には従わないといけません。
指定された場所に座るよりも、自分の座る席は自分で決める事が出来るくじ引きはドキドキして楽しめます。
会場に自分のタイプの女性がいた場合はくじ引きにも力が入ります。

 

1店舗開催なのでお店の移動が無しで楽チン

複数店舗型の街コンと違い、街コンMAPで開催されるイベントはプチ街コンなので1店舗開催となります。
1店舗開催は色んなお店を知る事が出来ない、料理も同じ店の料理しか楽しめないデメリットもありますが、お店の移動は無しなので、移動疲れが無いのがメリットになります。
お店の移動は無いですが、くじ引きによる席替えはあるので合コンみたいな間隔で楽しむ事が出来ます。

 

飲食に追加料金一切無し

食事と飲み物は料金内に入っていますが、飲み物がチケット制となっている所もあり、お酒が好きな人だと物足らないと感じる事もあると思います。
飲みに行った場合、私も大体5杯以上は飲むのでチケット制になっていると飲み物が足らなくなってしまい追加で払って飲むか我慢するかになるので、ちょっと不満も感じましたが、街コンMAPは飲み放題になっているので好きなだけお酒も飲む事が出来るので安心です。

飲み過ぎは良くないですが、飲みたいのに飲めないのは辛いだけですし、お酒好きなら飲み放題で女性との出会いも会話も楽しめる街コンMAPがオススメです。

公式サイトのリンクを貼っておくので街コンMAPがどんな感じなのかチェックして見てください
街コンMAP:大同窓会フェスと街コンイベントは街コンMAP