街コンは色々な職業の人に出会える、沢山の人に出会えると、出会いの無い社会人に人気の出会いの場となっていますが、主催する運営会社の数は多くあり、男女が出会える場にしっかりなっている街コンと、利益目的の粗末な街コンがあり参加する際には注意したい所です。

今回は劣悪な街コンはどんな所なのか?見分ける事が出来るのか?など紹介していきます。

 

 

悪い街コンの特徴

悪い街コンの特徴

街コンの悪い街コンの特徴はどんな所なのか?まずこれを説明します。

  • 男女比が調整されていない
  • 男性料金が高く女性料金がかなり安い
  • レンタルルームでの開催
  • イベント前日に開催場所変更
  • 他イベントと合同で開催
  • スタッフの対応が悪い

悪い街コンの特徴は大きな物でこのような事が挙げられます。
1つずつどんな事なのか説明していきます。

男女比が適当

男女バランスの調整を行っているから男女比の崩れは無しですとされている場合でも、100人参加予定イベントで行ってみたら男性30人・女性10人だった、書かれている内容と実際に集っている人数が全く違う事があります。
男女比は受付時に調整しているとなっているサイトが殆どですが、参加した人の口コミなどで実際の所がどうなのかは調べる事が出来ます。

 

女性料金が極端に安い

基本的に街コンの参加費は男性料金が高くなっているのが普通で、女性料金よりも安い事はほぼありえませんが、女性料金が500円、もしくは無料になっている場合は要注意です。
料金安くなっているなら女性も参加するんじゃないの?と思うかもしれませんが、安い料金は直前でキャンセルしやすいとも言えますし、サクラがいると言っているようなもんです。
出会いは全く求めていない女性と話す事は街コンでは時間の無駄になります。
イベントによって相場も違いますが、女性500円や無料は要注意です。

 

イベント会場が住所しか書いていない

イベント会場が住所しか書いていない、飲食ありになっているのに住所のみしか書いていない場合は、そのイベントに参加は見送ったほうが良いくらい怪しいです。
行ってみたらレンタル会議室でのイベントだった、人数も全然いないし、料理もお菓子がちょっととスーパーで買ってきたような惣菜と紙コップで飲むフリードリンク、こんな内容になっていた何て事もあります。
異性と出会う事は出来ますが、雰囲気も悪く、こんな状況で何を話せば良いの?と帰ってしまう人も当然います。
イベント当日開催したと言う実績だけあれば、参加者が不満を感じ帰っても主催社は関係無いですし、飲食も提供していたら言い分的には間違いはなくなります。
そんなイベントは高いお金払って行くのは絶対避けたい所です。
婚活パーティーでは一室でプロフィールカードをお互い交換して、自分に有益な異性か話をして決めるとかであれば良いのかもしれませんが、街コンなら論外です。

 

イベント前日に開催場所変更

イベント前日夜になってメールで開催場所変更のお知らせが来る所もあります。
直前で開催場所変更は近くに変更なら良いですが、遠い場所に変更になる事もあります。
人数の都合上予定していたお店から違うお店に変更などは止むを得ないと思いますが、頻繁に開催場所変更を行っている主催社は最初からある程度予定している事となっているので要注意です。

 

 

他イベントと合同で開催

これは開催場所変更で起こる事が多いです。
人数が少なかったから別の場所で開催予定のイベントと合同にして人数を増やそうと考えて起こる事なんですが、そもそもイベントは年齢制限など参加条件に違いがあるので、同じ日に開催中のイベントを合同にする事事態おかしいです。
20代限定イベントと30代限定イベントを合同にしたら限定も何もなくなりますし、料金も同額とは限りません。
同日開催のイベントが多い所など要注意です。
特にこれはシャンク〇ー〇でそういった事が多いと口コミも良く見かけるので、劣悪なサイトと思って良いです。

 

スタッフの対応が悪い

これはもう最低です。
行ってみてから分かる事ですが、対応が悪いと結局何もしてくれないになります。
街コンジャパンとルーターズがスタッフの対応が良かったと口コミが多いです。
他にもスタッフの対応が良い所は沢山あると思いますが、劣悪な街コンサイトはスタッフの教育も出来ていないので、電話すれば何となく分かると思います。

 

 

優良サイトはどういった所か

  • 男女比バランスが取られている
  • 開催場所が何処と明確に書かれている
  • 出会いの場をしっかり提供しているので満足度が高い(参加者の口コミ)
  • 料理の品数も何品など明確
  • 小・中規模のイベントが多い

優良サイトの特徴は上記内容です。
優良サイトに多い事も1つずつ説明していきます。

 

男女比のバランスが均等

申し込み時にしっかり男女比を調整しているので、大きな崩れは起こりません。
販売調整中など販売段階で調整しているので、均等になるようになっています。

 

 

開催予定店舗が明確になっている

 開催予定店舗が明確になっている

何処で開催されるイベントになっているのかが明確になっている事が多いです。
何処で開催するのか分かれば事前にお店の雰囲気、料理なども分かりますし、ココの料理は美味しそうと参加する女性も増えますし参加者にとって有益な情報となります。

 

出会いの場にしっかりなっている

参加女性が多い、出会える雰囲気になっている。
楽しんで参加出来るイベント、満足して帰れるイベントを重要視しているので安心して参加出来る街コンになっています。

 

料理の品数が明確

品数は4品以上確約している街コンジャパンや、どんな料理が提供されるのか確認出来るルーターズなどがあり、出会いと料理を楽しむ事が街コンの醍醐味です。
両方を楽しむ事が出来る街コンが満足度が高くなる街コンです。

 

人数の規模が少ないイベントが多い

参加者が100人いた方が沢山の人と出会えて街コンとしては良いと思うかもしれませんが、小・中規模での開催のイベントの方が男女比も崩れにくく、効率の良い街コンと言えます。
席替えを繰り返しても話せる人数は多くても10人程度が限度です。
30人参加の小規模イベントでも、100人以上参加の大規模イベントでも話せる人数に差はありません

全体の人数、どんな人がいるのか?など把握する事が出来る小・中規模の方が狙い目です。