街コンに参加してみたら全然楽しくなかった
出会いの場として人気となっていたから参加してみたけど、女性の参加者が少なくてあんまり話せなかった
どうしたら良いのか全然分からなかった・・・
こんな街コンにならないように街コン初心者の為の街コンで失敗しない選び方を紹介します。

 

街コンの流れ・基本ルール

街コンの流れ・基本ルール

街コンの基本的な流れとルールを説明します。

街コンの当日の流れと時間を紹介します

受付 13時

乾杯(スタート) 13時30分

席替え 14時

席替え 14時30分

店移動 15時

終了 15時45分

街コンの基本的な流れはこんな感じになっています。

席替えと店移動をして相手を変えながら会話をして行くのが街コンです。
最低で3回程の席替えがあるので2人組の街コンの場合は3組(6人)と最低でも話せるのが街コンの出会える理由になっています。合コンと街コンは参加人数が違うので多くの人と出会えるのが街コンの大きな特徴になっています。

同じ席になった人が好みの人だった場合でも席替えの時間が来たら席替えをしないといけません。
1回同じ席になった人とはイベント中もう1回同じ席になる可能性は低いので、席替え毎にしっかり連絡先を交換する事が大切です。

 

 

街コンの選び方

街コンの選び方

街コンには様々なイベントがあり、自分の好みで参加する街コンを選ぶ事が出来ます

  • 開催場所
  • イベント内容
  • 参加条件(年齢)
  • 開催規模
  • イベント料金

5つの項目を基準として参加する街コンを選ぶようにしましょう

自分の年齢が参加出来るイベントを選ぶ、その中から興味のあるイベント、人気のイベントを選ぶ、開催場所を近場での開催を選ぶ、開催規模はどれくらいの人数を募集しているのか確認する、平日夜参加にするか休日に参加するか選ぶ

選び方の基本はこのような形になると思います。
行ってみたいなと思うイベントの参加可能年齢を見て、これなら大丈夫といった形で選ぶ事で基本的な選び方はOKです。

 

基本的な選び方

街コンに行こうと思った場合の基本的な選び方を説明します。
上記項目を1つずつ説明していきます。

 

①開催場所の選定

1番最初に選ぶ事は参加場所です。
東京に住んでいる場合は東京エリア、大阪に住んでいる場合は大阪エリアを選ぶのが普通だと思います。
仕事帰りの参加を考えている場合は勤務先から近い場所、休日良く行く場所の飲み屋を知りたいとゆう人や、転勤してきて出会いを作りつつ、その町の事を知りたいとゆう選び方も良いと思います。
友達と一緒に参加を考えている場合はお互い集まりやすい場所を選ぶと思います。
まず何処で開催される街コンに参加するか決める、これがスタートとなります。

 

②イベントの選定

参加場所が決まったら次は参加したいイベントを選びます。
街コンのイベント種類はかなり多いです。
お酒を飲みながら出会いを見つける場合でも種類は豊富です。

  • 街コン(複数店舗型)
  • プチ街コン(1店舗開催型)
  • 婚活パーティー(立食形式)

お酒を飲みながらのイベントでも大きく分けて3つ街コンには種類があります。
行った事が無い人は色んなお店を飲み歩きながら女性との出会い、会話を楽しむのが街コンと思われる事が多いと思いますが、今の街コンは移動無しの1店舗開催や沢山の人と話せる立食形式のイベントなど様々あります。

それぞれのメリットやデメリットも違います。
ココでは説明を省きますので、詳しくは下記を参照ください

他にも趣味コンなどもあり、出会う人と同じ趣味が良い、価値観の近い人に出会いたい場合など趣味コンもオススメです。
イベントは出会いたい女性の年齢、自分の恋愛対象となる年齢帯のイベントなど自分好みで選ぶのが正解です。

自分の条件が1番重要なので、失敗しない為にも慎重に選びましょう。

 

③イベント参加条件の確認

街コンで開催されているイベントには参加条件が必ず設定されています。
1番多いのが年齢となっていて、イベントによっては【職業・年収】などが設定されている事もあります。
30代にオススメイベントなど、先に条件から参加出来るイベントを絞るのも良いですし、こうゆうイベントに自分は参加出来るのね。と参考にもなるので色々なイベントを見ると良いと思います。

 

④開催規模の確認

参加するイベントが決まったら次に開催規模の確認です。
街コンジャパンの開催規模を参考に挙げて説明します。
イベント人数

上記写真の赤い丸で囲った部分が開催されるイベントの最大参加人数となります。
イベントによっては最小人数が明記されている物もあります。
参加しようかなと思ったイベントが何人位の規模で開催予定なのか?ココもしっかり確認しておきましょう。
多ければ多い程話せる人数も増えるとゆう事にはなりませんが、人数の多いイベントの方が自分のタイプの人が参加している可能性も上がるので、少ないよりは多い方が良いです。

 

⑤イベント料金も注目

参加する為の料金はいくらになっているのか?
必ず確認する事ですが、男性の参加料金と合わせて女性の参加料金もチェックは必須です。
基本的に女性の参加料金の方が男性料金よりも安く、大体は男性料金の半額程度となっていますが、注意なのが女性料金が500円~1,000円のイベントです。
500円~1,000円の参加料金となっているイベントはキャンセルしやすい、女性に人気が無く料金を低く設定しているイベントとなっている事があります。
イベント当日天候が悪かった場合、参加費も安いし今回は止めておこうとキャンセルに繋がる。
行って見たら女性が全然参加していない。
こういった事にもなりかねないので、女性料金の確認は必須です。

①→②→③の順で参加するイベントを決めて④-⑤の確認をする事が基本的な街コンの選び方です。

 

 

 

選ぶ時の注意点

選ぶ時の注意点

基本的な選び方は上記で問題無いですが、注意しておくポイントを紹介しておきます

 

開催規模は小規模か中規模にする

開催規模が大きい方が沢山の人と出会えると思うかもしれませんが、小規模でも中規模でも出会える人数は同じです。

大規模開催で参加人数が300人いたとしても話せる人数は決して多くはなりません、席替えをするので2人としか話せなかったという事にはなりませんが、中規模でも小規模でも結果的に話せる人数は同じです。

少なくても6人、多くて10人程と話せますが、規模が大きければ参加者も確かに多いですが話す人数に変わりは無いです。

 

規模が大きいとサクラがいる可能性もある

開催規模が大きいとそれだけ人数を集める必要があるのでサクラもいる可能性があります。
男性は基本的に集まりやすいですが、女性は集まりにくいです。

イベント内容、低価格など女性が参加しやすいように街コンも工夫はしていますが、それでも男女比の開きが出てしまうイベントなどもあり、男女比が均一になる事はどの街コンでも難しい事にもなっています。

男性は集まっているけど女性が足りていない、街コンに参加した事ある人に声をかけて通常料金よりも安い金額で参加OKにする、中には無料にして女性の参加を促す事もあります。
サクラといっても良い人がいたら勿論付き合う事を目的として参加していますが、基本は料理とお酒が目的になります。
参加女性との温度差があるなと感じてしまうかもしれません

 

小規模・中規模の方がスタッフの目も届くので安心

参加人数が多いとその分会場の仕切りも大変です。
初参加の場合、何をしたら良いのか分からない、会場隅っこで友達と話しして終わってしまう何て事もあります。始めは街コンの流れも雰囲気も分からないので、どうしたら良いのか分からない、異性とあんまり話せなかった、と終わってしまう人もいます。小規模・中規模での人数であれば、スタッフが丁寧にどうしたら良いのか教えてくれたりもしますし、初めての街コンはスタッフに頼るのも手です。

規模が大きい大規模を選びやすいですが、小規模・中規模の方が初めて参加する場合にはオススメです。

 

街コン初心者の為の攻略法

街コンにこれから行ってみようと思っている人の為の攻略法を紹介します。
街コンで成功する為に必要な事は自分の理想の人に出会えるかが1番重要な事になります。
せっかく参加したのにストライクな年齢では無い、話が全く合わないとなってしまっては、参加した街コンも台無しになってしまいます。
初めて行く街コンでは参加年齢をしっかり確認する事と、自分の趣味に合ったイベントに参加するのがオススメです。
趣味コンと呼ばれるイベント婚は、自分の趣味をやりながら異性と話すイベントにもなるので、得意分野であれば話の引き出しも豊富にあるので会話に困る心配も無しです。
女性も同じ趣味か興味があって参加している方なので、共通の趣味なら会話も合いますし、興味があって参加しているなら教えてるのも良い事です。
趣味コンはお互いの趣味も同じ事から成功しやすいイベントになっている為、街コン行ってみようかなと思っている人は趣味コンから参加してみると良いと思います。

 

 

街コンで初心者がやりがちな失敗例

街コンに初めて参加する時に初心者がやりがちな失敗例を紹介します。

  • お酒を飲み過ぎてしまう
  • 立食タイプを選んでしまい流れが掴めない
  • 連絡先を交換していない
  • 過度な期待を持って参加しない
  • 友達とばかり話ししてしまう

街コンで初心者が失敗しがちな事はこの5つです。

 

お酒を飲み過ぎてしまう

お酒を飲んで緊張をほぐして会話をしたいと思う人もいると思いますし、お酒を飲んで軽く緊張を抜いて話をするのは良い事だと思いますが、飲み過ぎてしまうのはダメです。
せっかく良いと思った人がいても酔っ払ってしまっては相手の印象も悪くなってしまいます。お酒は適度な量に止めておくのが重要です。

立食タイプの街コンを選ぶ

立食タイプを選ぶのはあまりオススメ出来ません、街コンに何回か行っている人、異性との話しになれている人であれば問題無いと思いますが、立食タイプの場合は居場所に正直困ります。
どうしたら良いのか分からなくなって結局友達と2人で話しして終わってしまう何て事にもなるので、着席型の街コンがオススメです。

連絡先を交換しない

連絡先を交換しないで終わってしまう、これも街コンではやってしまいがちです。
後で交換しておけば良かったーと思う事もありますが、終わってしまっては連絡先も交換出来ません、その時その場で交換するようにしましょう。
席替えのタイミングで連絡先交換しませんか?と一言で済む話です。
消極的にならずに積極的に交換するようにしましょう

街コンに過度な期待は禁物

街コンに過度な期待を持って参加しないようにする。
街コンは女性と出会える場として、とても良いですが参加する街コンに必ず理想の人がいる、素敵な人がいるとは限りません、1回行って理想の人に出会えて付き合えた人もいれば、何回も参加しているけど付き合うまで行った事がない人もいます。
街コンに参加して自分の理想の人に出会える、付き合うまでいけるのは運も必要になってきます。
良い人いたら良いな~と思う程度の気持ちで参加するのが良いと思います。

 

 

初めて行く時にオススメな街コンサイト

初めて行く時にオススメな街コンサイトを紹介します

街コンジャパン

街コンポータルサイトにもなっていて、正直これだけ登録しておけば色々な街コンに参加可能です。
主催イベントも多く、趣味コンや婚活パーティーも多く、自分の条件でも検索がしやすく1番使いやすく、1番利用されている街コンサイトです。

 

 

街コンMAP

街コンMAPは中規模開催になっていて、男性40人・女性40人の最大参加人数が80人になっています。
席替えシステムもくじ引きでの席替えと遊びのある席替えシステムになっていて、料金は食事・飲み物代金が含まれた金額になっていて追加料金も無く安心して楽しめる街コンになっています。

 

 

街コンえくる

えくるはミクシーグループ主催の街コンサイトです。
年齢別でイベントも選びやすく、予約の段階で男女比を調整するので、偏りすぎた男女比にはなる事はありません、主催がミクシーグループと言っても関係ないんじゃない?と思われますが、街コンは様々な企業が行っているので、売上だけを意識して人を集めれば良いと言う企業も中にはあります。
そんな企業が主催の街コンに行ったら確実に失敗です。
主催が信頼の持てる企業なら下手な事は評価を下げるだけなので出来ません。

 

 

ルーターズ

街コンルーターズでは、年齢別イベントは勿論、趣味に特化したイベントが豊富なので、自分の趣味に合わせたイベントに参加する事が出来ます。
相手も同じ趣味だったり興味があって参加するので話も合いやすくカップルにもなりやすい傾向があるのが趣味コンです。
そんな趣味コンが豊富なので、初めての方でも会話内容に困る事はありません。